大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事全体像の把握

スケジュールから見る"40戸〜60戸の平均的なマンション"の大規模修繕の目安です。一般的に準備から竣工まで約2年かかります。大規模修繕の最初から最後まで、そしてアフターフォローもアーバン・プランニングがサポートいたします。

大規模修繕工事の流れ図解

各項目についての補足

管理組合が行うこと

  • 必要に応じて設立。理事会が兼任することもあり
  • 現在の建物の痛み具合を確認することで修繕工事の必然性を見極める
  • 建物の状況から大規模修繕を実施することを判断
  • 設計事務所を入れる場合はどの事務所に依頼するか選定
  • 大規模修繕の必要性を掲示板などを利用して組合員に周知

管理組合と設計事務所が行うこと

  • アンケートを通してお住まいに皆さまから建物の状態をヒヤリング
  • 希望者を中心に設計スタッフがバルコニーの劣化状態を確認
  • 調査結果を管理組合に報告
  • 設計事務所が作成した工事計画の詳細などを管理組合に説明
  • 管理組合として工事を依頼する業者の募集基準を決める
  • 書類選考で残った候補のプレゼンで最適な業者を見極める

設計事務所が行うこと

  • 修繕内容の整理、使用する材料の比較、コスト軽減比較、修繕用の図面・仕様書の作成
  • 管理組合から注文があった場合は長期修繕計画を作成
  • 工事が契約どおりに行われているか確認

施工会社が行うこと

  • タイル仕上の場合、タイルの試し焼き・色合わせのための準備

『 ご相談・お問い合わせ 』

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL : 092-292-0734