マンションの大規模修繕の時期はいつですか?

スタッフブログ

マンションの安全性や資産価値を保つためには大規模修繕は不可欠です。

それではいつ大規模修繕を行えばいいのでしょうか。

マンションの大規模修繕の時期(周期)は一概に何年と決められているわけではありません。

以前は10年で計画されていた長期修繕計画も現在では12年周期で計画されているものが主流です。

 

平成20年4月に一部改訂された建築基準法で定期報告制度が厳しくなりました。

分かりやすくいうとタイルなどの外壁落下による歩行者の危険がある場所について、タイル貼りやモルタル仕上のマンションは建物の竣工、改修などから10年以内にタイルなどの全面打診が必要になりました。(ただし3年以内に確実に外壁改修が決められていたり、歩行者の安全対策が行われている場合を除く。)

 

竣工後少なくとも13年以内に歩行者に危険が発生するおそれがある場所は全面打診が必要になります。また、全面打診については足場が必要になったり、足場以外の方法をとっても非常に費用がかさみます。大規模修繕時には全面打診を行うので費用を抑えるといった意味でも定期報告制度が大規模修繕の周期12年に影響を与えています。

 

『 ご相談・お問い合わせ 』

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL : 092-292-0734