修繕積立金の貯め方と使い方

長期修繕計画

長期修繕計画の立案・見直しを通じて、無理・無駄のない将来設計をご提案します。

将来にわたって快適なマンションライフを維持していくには建物の維持管理によるお住まいの皆さまの安全が大切です。建物の維持管理のために管理組合では25年、30年後を見すえた長期修繕計画を作成しています。修繕積立金はこの長期修繕計画をもとに専有面積にあわせて算出されているのです。

長期修繕計画は修繕履歴の反映、社会の変化により向上していく水準を踏まえ5年ごとの見直しが必要になります。新築当初にたてられた長期修繕計画はマンションを販売するために作成されたものが多く建物の特性が反映されていなかったり、マンションに住む人の視点から作られたものは少ないのが現状です。立案された長期修繕計画書は定期的なチェック、見直しによってこそお住まいのマンションにあった内容と金額になります。毎月の修繕積立金も自分が納得して積み立てることができるようになるのです。

長期修繕計画の立案・見直し

長期修繕計画書を見直す理由

長期修繕計画書を見直す大きな理由は建物の現状を把握し必要な修繕内容を見極めることで、事前の修繕計画と実際の工事費との差をできるだけ小さくし長期修繕計画書の精度を上げることを目的としています。そして、社会変化により向上していく水準をいつ、どのように反映していくか検討することにより新築マンションと同様にお住まいの皆さまの生活が快適になっていきます。建物の維持管理による「修繕」と社会の変化により向上していく水準にあわせたマンションの「改良」のバランスを考えた長期修繕計画の見直しが必要なのです。

管理組合の皆さまにとって修繕積立金はできるだけ少ないほうがいいと考えられることと思います。しかし、新築のときに売りやすくするために当初の修繕積立金は少なく設定されているマンションもあります。これでは大規模修繕のときに修繕積立金が足らずに一度に徴収したり修繕積立金の急激な増額を招きかねません。実際の支出額が計画と大きく異なるとお金のやりくりで非常に苦労するのは家計と同じことなのです。

私たちアーバン・プランニングはマンション修繕のプロとして現在作成されている長期修繕計画書をチェックいたします。また、中立な一級建築士事務所の立場から既存の修繕計画書を見直し最善の長期修繕計画を再提案いたします。

お住まいの皆さまの生活改善と利益を守るために設計・監理業務はもちろん、あらゆる局面でアドバイスとサポートを惜しまず当初目的として設定した以上のベネフィット(価値)を管理組合の組合員の皆さまにご提供いたします。そればプロフェッショナルとして数多くの大規模修繕に取り組んできた私たちのポリシーなのです。

現在作成されている長期修繕計画が有効かどうかのチェックを無料で承ります。 お気軽にお問い合わせください。

長期修繕計画についてのご相談は無料で承ります。お気軽にお問い合わせください

長期修繕計画の見直し例

積立金額が現状のまま(赤字の状態)

積立金額が現状のまま(赤字の状態)

段階値上げ計画(適正額に改善された状態状態)

段階値上げ計画(適正額に改善された状態状態)

『 ご相談・お問い合わせ 』

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL : 092-292-0734